所得税申告業務

不動産オーナー様に特化した
総合事務所

  1. 申告が必要となる方
  2. 圧倒的な不動産に対するノウハウ
  3. 割引制度が充実
  4. 早く、簡単に申告できます

申告が必要となる方

確定申告が必要となる場合(給与の収入金額が2000万円超、2か所以上から給与をもらっている、公的年金等の収入額が400万円超、給与と退職所得以外の所得が20万円超、同族会社に賃貸している場合等)
確定申告が必要となる場合(給与の収入金額が2000万円超、2か所以上から給与をもらっている、公的年金等の収入額が400万円超、給与と退職所得以外の所得が20万円超、同族会社に賃貸している場合等)

次のいずれかに該当する方は、所得税の確定申告または準確定申告が必要となります。

  1. 給与の収入金額が2,000万円を超えている場合
  2. 2ヶ所以上から給与をもらっている場合
  3. 公的年金等による収入が400万円を超える場合
  4. 給与所得及び退職所得以外の所得の合計額が20万円を超える場合
  5. 同族会社の役員やその親族等がその会社から給与以外の経済的利益(賃料や利子など)を受けている場合

ただし、上記に該当しない場合であっても、損失の繰越をする場合、医療費控除を受ける場合、災害免除等を受ける場合、損益通算をする場合などには確定申告をする必要があります。

準確定申告とは?

準確定申告とは、相続人が被相続人(亡くなった人)の確定申告を代わり行う確定申告のことをいいます。亡くなった日の翌日から4ヶ月以内に行う必要があります。

圧倒的な不動産に対するノウハウ

土地評価税理士の頂点、税理士・不動産鑑定士
土地評価税理士の頂点、税理士・不動産鑑定士

私が関与した不動産オーナー様の多くが節税対策や相続税対策はしているものの、収益力の改善経費の削減などの対策を積極的にされている方はほとんどいません。つまり、税金の対策はしているものの、肝心の不動産の収益性についての対策をしている方がいません。

不動産オーナー様にとって重要なのは「不動産×税務」に圧倒的に詳しい専門家のサポートです。弊所に確定申告をご依頼の場合は、代表者がきめ細かくチェックをし、様々なご提案を致します。

阿部博行
代表者

確定申告をご依頼の方の中には、申告の過程で固定資産税の過誤納を発見し、還付請求をされている方もいらっしゃいます。確定申告を確定申告だけでは終わらないのが相続タックスの強みです。

割引制度が充実

確定申告業務の割引
確定申告業務の割引

相続タックスの所得税申告報酬は税込み10万円からとなりますが、連年割引(2年連続で30%、3年連続で50%)や不動産取得費査定業務の同時依頼の割引(30%)など、割引制度が充実しており、最大で80%まで割引きを致します。

早く、簡単に申告ができます

桜の咲くころには、新しい気持ちで前を向けます。

相続タックスでは、確定申告に必要となる資料リストをお客様ごとに作成しておりますので、どのような資料が必要かが分かりやいのが特徴です。

また、電話やWEBによる面談、電子申告を積極的に取り入れていますので、お客様は容易に簡単に、だけれども迅速に申告をすることができます。

スケジュール

1

面談のご予約

  • 面談をご希望の方は、お電話 又は CONTACT FORMより面談方法や面談日時、相談内容を教えてください。
  • 弊所では、面談方法として次の4つを用意しております。
    • 訪問面談出張日当のご負担頂く場合がございます。)
    • 来所面談
    • Web面談
    • 電話面談
  • 内容を確認の上、弊所から面談日時等をご案内させて頂きます。
  • 売買契約書を失くしてしまった場合は「不動産取得費査定業務」もあわせてご検討ください。
2

面談(訪問・来所・Web・電話)

  • 申告業務の流れのご説明
  • 必要資料のご説明
  • 税務報酬のご説明
  • その他のご案内
3

ご契約

4

財産調査 及び 財産評価(1週間~1ヶ月)

5

申告、納付 及び 税務報酬のお支払い

6

ご報告 及び 相談

  • ご希望に応じて申告書の内容をご説明いたします。
  • 税務顧問、不動産の利活用・処分、節税対策などのご相談も承ります。