相続税の地目

2021年9月4日
阿部 博行

阿部 博行

税理士・不動産鑑定士・行政書士・FP1級技能士・応用情報技術者

不動産オーナーに特化した資産税のスペシャリストです。大手不動産鑑定士事務所と大手資産税税理士事務所において約15年の経験を有する私が最初から最後までしっかりとご対応させて頂きます。

相続税の地目

相続税の土地評価においては、土地を①宅地、②田、③畑、④山林、⑤原野、⑥牧場、⑦池沼、⑧鉱泉地、⑨雑種地の9つの地目に区分し、それぞれの地目ごとに評価をします。

ここではそれぞれの地目について説明をします。

お気軽にご相談くださいませ


相続タックス総合事務所(200)

相続タックス総合事務所は、不動産オーナー様に特化した税理士・不動産鑑定士・行政書士事務所です。

代表者が最初から最後まで、丁寧に、迅速に、真心を込めて、至高の資産税サービスをご提供させて頂きます。

1.相続税の土地評価における地目

相続税の土地評価においては、土地を①宅地、②田、③畑、④山林、⑤原野、⑥牧場、⑦池沼、⑧鉱泉地、⑨雑種地の9つの地目に区分し、それぞれの地目ごとに評価をします。

なお、地目の判定は、不動産登記事務取扱手続準則第68条及び第69条に準じて判定を行います。

No不動産登記地目相続税の地目内容
1農耕地で用水を利用して耕作する土地
2農耕地で用水を利用しないで耕作する土地
3宅地宅地建物の敷地及びその維持もしくは効用を果たすために必要な土地
4学校用地宅地・雑種地校舎、附属施設の敷地及び運動場
5鉄道用地宅地・雑種地鉄道の駅舎、附属施設及び線路の敷地
6塩田雑種地海水を引き入れて塩を採取する土地
7鉱泉地鉱泉地鉱泉(温泉を含む)の湧出口及びその維持に必要な土地
8池沼池沼かんがい用水でない水の貯留池
9山林山林耕作の方法によらないで竹木の生育する土地
10牧場牧場家畜を放牧する土地
11原野原野耕作の方法によらないで雑草、かん木類の生育する土地
12墓地雑種地人の遺体または遺骨を埋葬する土地
13境内地雑種地境内に属する土地であって、宗教法人法3条2号及び3号に掲げる土地
(宗教法人の所有に属しないものを含む)
14運河用地雑種地運河法12条1項1号または2号に掲げる土地
15水道用地雑種地もっぱら給水の目的で敷設する水道の水源地、貯水池、ろ水場または水道線路に要する土地
16用悪水路雑種地かんがい用または悪水はいせつ用の水路
17ため池雑種地耕地かんがい用の用水貯留池
18雑種地防水のために築造した堤防
19井溝雑種地田畝または村落の間にある通水路
20保安林山林森林法に基づき農林水産大臣が保安林として指定した土地
21公衆用道路雑種地一般交通の用に供する道路(道路法による道路であるかどうかを問わない)
22公園雑種地公衆の遊楽のために供する土地
23雑種地雑種地以上のいずれにも該当しない土地
不動産登記事務取扱手続き準則に定める地目と相続税の土地評価における地目との関係

2.地目の判定時期

相続税の土地評価における地目は、課税時期の現況によって判定をします。したがって、現地調査を踏まえ、各種資料と照合しながら判定をします。

(2) 地目の種類

  1. 現況地目
    現況地目は現地調査により判断できる地目のため、実証性の高い地目です。ただし、公法上の規制や相続開始時点から地目の変更がある場合もあるため、各種資料と照合の上判定する必要があります。
  2. 課税地目(課税明細書、名寄帳、固定資産税評価証明書)
    市役所の職員等が3年に一度、実地調査を行い、その結果を踏まえて判定した地目となります。
    地目判定の基礎資料として利用することができます。
  3. 登記簿地目(登記簿・全部事項証明書)
    登記されている地目ですが、現況と一致しないことも多いため、信頼性に劣ります。

(2) 確認資料

  • 登記簿
  • 固定資産税課税台帳
  • 農地台帳
    農地として登録されている地目を確認することができます。転用許可が出ているかも同時に確認します。
  • 森林簿
    森林簿に登録されていない場合は原野や宅地として評価をする必要がある場合もあるため、現地調査を行う前に確認します。

3.農地の地目判定の留意点

(1) 家庭菜園として利用されている宅地の場合

家庭菜園として利用されている宅地
家庭菜園として利用されている宅地

家庭菜園として利用されている宅地は「宅地」として地目判定を行います。

このように取り扱うのは、宅地内の家庭菜園は農地法による転用許可や権利移転の許可の制約がないためです。

(2) 耕作放棄された農地の場合

相続税土地評価においては、現に耕作の用に供されている土地に加え、次のような土地も「農地」として地目判定を行います。したがって、耕作放棄された農地であっても、基本的には農地として判定をします。

  • 現在は耕作されていないが、耕作をしようとすればいつでも耕作できるような土地
  • 客観的に見てその現状が耕作の目的に供されるものと認められるような土地

ただし、農地が長期間放置されていたことにより、雑草等が生育し、容易に農地に復元し得ないような状況にある場合には「原野」又は「雑種地」として地目判定を行います。

(3) 雑種地として利用されている場合

農地を「ソーラーパネル用地」や「駐車場用地」などの雑種地として利用されている場合には、農地への普及の可能性・難易度を勘案して、農地として評価するか否かを判定します。

農地が勝手にソーラーパネル用地として利用されている例
①ソーラーパネル用地
農地が勝手に駐車場として利用されている例
②駐車場用地

例えば、農地の上に、単にソーラーパネルを設置しているような状況であれば、撤去は容易であり、耕作しようと思えばいつでも耕作できるような状態にあると客観的に見て取れる場合には、農地として地目判定をします。

逆に、農地へ砂利を入れて駐車場として利用しているような場合には、農地への復帰は困難ですから、現況地目の通り雑種地として評価をします。