土地や建物の譲渡、借地権の設定・譲渡・解除の際の不動産鑑定評価、相続税申告や更正の請求に係る不動産鑑定評価など、不動産鑑定評価を利用した税務についての記事となります。

地積規模の大きな宅地の不動産鑑定評価

不動産鑑定評価と税務

不動産鑑定評価では、対象不動産の個別性や地域性を考慮し、不動産市場に即した評価をします。 したがって、相続税の土地評価において地積が900㎡のため地積要件を具備しなかったり、前面道路との関係で実際は240㎡の容積率しか消化できないのに、指定容積率が300%以上であるため容積率要件が具備しなかったりして、地積規模の大きな宅地として評価ができず、高額な相続税評価額となるような場合は、不動産鑑定評価の採用が検討されます。

不整形地の不動産鑑定評価

不動産鑑定評価と税務

不整形地の不動産鑑定評価は、評価対象となる土地が地域の標準的な画地と比較してどの程度劣るのかという点を具体的に検討しながら評価をします。 相続税の土地評価のような「かげ地割合に基づいた画一的な補正」をするのではなく、用途や地域性、土地の特殊性を考慮した上で、不整形地であることがどのように価格に影響を与えているのかを分析しながら、評価をします。

無道路地の不動産鑑定評価

不動産鑑定評価と税務

無道路地とは、道路に接していない土地、または、建築基準法上の接道義務を満たさない土地のことをいいます。ここでは、無道路地を不動産鑑定評価により評価する方法について簡単に説明します。

不動産鑑定評価による相続税申告

不動産鑑定評価と税務

この記事では、相続税申告における不動産鑑定評価について基本的なことをまとめています。不動産鑑定評価を利用した相続税申告や更正の請求を検討されている方にとって参考になりましたら幸いです。