相続税の土地評価の基本的なことをまとめています。

奥行距離の測り方

土地評価

ここでは、相続税の土地評価における奥行距離の測り方を説明しています。 奥行距離は、奥行価格補正や間口狭小補正、奥行長大補正などに使用しますが、相続税の土地評価における奥行距離は一般的な奥行距離とは考え方やや異なるため注意が必要です。

宅地造成費の査定

土地評価

この記事では、市街地農地や市街地山林、市街地原野等の評価において必要となる宅地造成費の計算方法について解説しています。

容積率の基本

土地評価

この記事では、相続税の土地評価において理解しておくべき容積率の基本について解説しています。

間口距離の測り方

土地評価

間口距離とは、相続税の土地評価において、評価対象地が正面路線に接する部分の長さをいいます。 この記事では、間口距離の測り方を図解を用いて説明しています。

接道距離の測り方

土地評価

この記事では、実務でもよく出てくる接道パターンについて、それぞれの接道距離の測り方を図解を用いて解説しています。

接道義務の判定

土地評価

この記事では、基本的な接道義務の判定方法を説明するとともに、水路介在地や道路と高低差のある土地の接道義務の判定について解説しています。

建築基準法上の道路

土地評価

この記事では、接道義務の判定の基礎となる建築基準法上の「道路」について、その内容を解説しています。

相続税の土地評価における地積

土地評価

この記事では、相続税の土地評価において採用すべき地積やそれぞれの地積の内容や確認資料、信頼度などを解説しています。

倍率方式による土地評価(相続税)

土地評価

倍率方式とは相続税の土地の評価の方式の1つであり、固定資産税評価額に評価倍率を乗じて計算をします。この倍率方式は、倍率地域にある宅地、農地、山林、原野の評価において適用されます。