路線価地域及び倍率地域に共通する宅地の評価方法についてまとめています。

地積規模の大きな宅地の判定方法

共通評価(路線価地域・倍率地域)

相続税の土地評価における地積規模の大きな宅地とは、①地積要件、②地域要件、③容積率要件、④地区要件の4要件を具備する土地が該当することになります。 地積要件:…

造成中の宅地の評価

共通評価(路線価地域・倍率地域)

1.造成中の宅地の評価 造成工事 造成中の宅地の価額は、その土地の造成工事着手直前の地目により評価した課税時期における価額に、その宅地の造成に係る費用現価の1…

利用価値が著しく低下している宅地の評価

共通評価(路線価地域・倍率地域)

利用価値が著しく低下している宅地とは、騒音や臭気、忌み地等を原因として、その土地の利用価値が著しく低下していると認められる宅地をいいます。 相続税の土地評価においては、利用価値が著しく低下している宅地に該当する場合には10%の評価減が認められています。

農業用施設用地の評価

共通評価(路線価地域・倍率地域)

1.農業用施設用地 農用地区域と市街化調整区域 農業用施設用地とは、農用地区域内又は市街化調整区域内に存する農業用施設の用に供されている宅地をいいます。 (1…

都市計画道路予定地の区域内にある宅地の評価

共通評価(路線価地域・倍率地域)

1.都市計画道路予定地 都市計画図(大阪市梅田駅周辺) 都市計画道路予定地とは、都市計画法第4条第6項に規定する都市計画施設のうちの道路(都市計画道路)の予定…

土地区画整理事業施行中の宅地の評価

共通評価(路線価地域・倍率地域)

1.土地区画整理事業 土地区画整理事業の例 (1) 土地区画整理事業 相続税土地評価における土地区画整理事業とは、土地区画整理法第2条第1項又は第2項に規定す…

余剰容積率の移転がある場合の宅地の評価

共通評価(路線価地域・倍率地域)

1.余剰容積率と空中権 余剰容積率の移転 (1) 余剰容積率と空中権 余剰容積率とは、ある土地の未利用の容積率のことをいいます。例えば指定容積率が・基準容積率…

大規模工場用地の評価

共通評価(路線価地域・倍率地域)

1.大規模工場用地とは? 大規模工場用地 大規模工場用地とは、一団の工場用地の地積が5万㎡以上のものをいいます。 ただし、路線価地域においては、地区区分の定め…

地積規模の大きな宅地に係る三大都市圏

共通評価(路線価地域・倍率地域)

地積規模の大きな宅地の評価にいう「三大都市圏」とは、東京、大阪、名古屋を中心に広がる都心地域をいい、具体的には次の範囲として指定された地域をいいます。ここでは、三大都市圏の範囲について説明をしています。